レイキの真の目的は?

Uncategorized

今まで、「魔法つかい」だのと軽い感じでレイキの話をしてきましたが、

実はレイキはそんな薄っぺらなものではないのです

今日は、レイキの真の目的についてお話ししたいと思います。

 

レイキにはいくつかの流派があり、世界中で利用されています。

国によっては、保険適応になっているようですよ。

 

その創始者は臼井みかお氏(みかおの漢字が変換できません)です。

もともとの日本伝統式レイキの真の活用法

「癒しではなく人生の質を向上させることにある」

と提言されています。

そして、最終的には、「安心立命の境地」に至ることを目的としています。

いわゆる「悟りの境地」の事です。

 

以下、私の考えですが

「ヒーリング」というのは、対症療法

「悟りの境地」が原因療法ではないでしょうか?

四苦八苦をヒーリングしても、四苦八苦そのものが無くならなければ、繰り返しのヒーリングが必要になります。

したがって、四苦八苦そのものをなくす事

「安心立命」いわゆる「悟りの境地」が最終目標だと私は解釈しました。

 

なぜ人生に苦しみがあるのかというと

その苦しみを経験して、そこから学ぶことにより精神的な成長ができ、

さらに、その経験が他の人のために活用でき

人の役に立つことが自分の喜びとなる

つまり、苦しみが喜びに変わることが分かると苦しみそのものが無くなる

からではないのかなと思います。

 

あくまでも私の考えですからね・・。

難しい言葉でいうと「霊的成長」と「利他の心」かな?

 

生きていればいろいろなことがありますが、

その一瞬ごとにどういう振る舞いをするかは自分で決定できます。

つまり、内的成長をするかしないか、ということを自分で決定できるのです。

その積み重ねが「悟りの境地」ではないかしら?

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました