「レイキ使い」は「魔法使い」

Uncategorized

ハリーポッターを読んで以来、「魔法使いになりたい」と常々思っていた私は

ついに「魔法使い≒レイキ使い」なりました!

 

レイキの初級コースで自分と他者にレイキを流せるようになった私は、

毎日レイキを自分に流しました。自己ヒーリングというものです。

レイキが流れると、

手がジワジワとしてきて、温かくなります

以前はひどい冷え性で、水のように冷たかった手がかなり改善しました。

ホンワカして眠くなってしまいます

でもそれは体が休息を必要としているからだそうです。

反対にレイキを流すと、めちゃくちゃ元気になる場合もあります。

どこまでも歩いていけそうな、体の軽さです。

これは、レイキの講習会へ行くと体験できます。

おそらく、講師の先生や会場にレイキがたっぷり流れているので、私の体にも満ちて元気になると思われます。

そして、中級を受けると、なんと遠くにいる人にもレイキを送れるようになるとのこと!

にわかには信じられませんが、

まさに「魔法使い」ではないですか?!

 

本当のところは、

遠くに住んでいる両親に送ってあげられるといいな、と思ったからです。

前の記事に書いたように、

私は親子仲が上手くいっていなくて、コミュニケーションがうまく取れないでいたのです。

それでも、両親には元気で長生きしてほしいと思っていたのです。

 

せっかく乗りかけた船ですので、また主人と一緒に中級を受けに行きました。

 

以下、学術雑誌にレイキの可能性が載っていました。

私が通ったのところとは違いますが、レイキとはどのようなものか知りたい方はぜひご一読ください。

vol33_2_4_5.pdf (jahbs.info)

コメント

タイトルとURLをコピーしました