「夜と霧」を読んで考える

Uncategorized

  脆弱な人間とは、内的なよりどころを持たない人間だ

                    ビィクトール・E・フランク   夜と霧より

内面的なよりどころを持たない人間・・・・・それは以前の私です。

聞いたこともない腹膜偽粘液腫という病気だと言われ、うろたえて、ただただ逃げることだけを考えていた頃の私。

退院してからも、あとは死ぬまでのんびり過ごせばいいやと、自分と向き合うことから逃げていた頃の私です。

その頃の私は、死んだらすっかり終わりになってしまうと安易に考えていました。

だから、生きる意味も、生きる価値も全く分かりませんでした。

 

内的なよりどころ

というのは、内面的な成長により分かることだと思います。

私の場合は、何のために産まれてきて、この人生を歩んでいるのかということです。

私たちは過酷な状況でも、内面的な成長をすることを選ぶことができます。

過去の記憶に浸って、後ろ向きに過ごすことも選べますが、

私は「前に進んでいきたい、成長したい」と思いました。

(成長せずにいられない、いろいろな出来事が私の背中を押してくれたのです。)

 

そして、その結果、

それまでの人生の困難は、自らの成長のために必要なことであったと思うようになりました。

 

子供のころのさみしかったこと、自分に自信がなかったこと、人間関係が上手くいかなかったこと、病気で苦しんだこと、過敏な性格だという事、たくさんの人に助けられ、導かれたこと

全てが一本の線で繋がって、そして今があるのだと感じました。

 

自分はすっかり役に立たない人間になってしまい、生きている必要がないと思ったこともありましたが、

大事なことは生きる目的ではなくて

生きることで生じる様々な課題を果たすことなのです。

苦しみも、それすら課題であり、それを受け入れ成し遂げることで内面的な成長ができ、

未来に待つ何かを知ることができるのではないでしょうか?

 

私は腹膜偽粘液種になったことは、マイナスの事だと思っていましたが、

今思えば、これだけ自分の内面を掘り下げることができ、

次元の低かった思考回路を高めることができました。

これは、いわゆる「ギフト」であり、

その「ギフト」に気が付くことができたことが、とても幸せなこと

だと思います。

 

まだまだ、成長途中です。

これからも成長をしたいと思っていますが、今後はあまりきつい体験は不要です。

神様、お手柔らかにお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました