腹膜偽粘液腫という希少ガンを体験して

フラクタル心理学

フラクタル心理カウンセラーのサヤカです。

私自身、腹膜偽粘液腫という希少ガンを体験して、

現在は辛い状態から復活しつつあるので

同じように病気で困っている人の参考になればと思い、今から約2年前にこのブログをはじめました。

 

約7年前、8月の終わりに私の病気は発覚しました。

一度だけ、腰が痛くなり、念のため精密検査を受けたら発覚したのです。

それから、いろいろあり、病気の原因を考えるようになりました。

「どうしてそんな病気になったんだろうね?」と人から聞かれるようになったからです。

そして、

子育てのストレスや、親子関係、仕事、いろいろなもののせいにしてきました。

(このブログの始めの方を読んでいただけると分かります)

そして、占いに行ったやスピリチュアルも学びましたが、

結局、「自分が成長することを拒んだからだ」という事が分かりました。

 

たくさんの人に愛されてきたのに、

いつまでも「依存」したくて、

成長することを拒んで、

人のせいにしたことで、

こんな事態を引き起こしてしまったのだと、最近では理解できます。

 

もし、いま、病気や困ったことで、「誰かのせい」にしている方がいたら、

それは間違いです。

全てあなたが原因です。

いったん「自分のせいだ」と受け入れます。

これは「自己憐憫」とは違います。

正々堂々と「自分が悪かった」と認めるのです。

そして、悪者にしていた人に、心の中で本気で謝ります。

もし、そこで、罪悪感が生まれ、心の底から、「申し訳なかった」という気持ちが湧き上がって来れば、あなたは今までと違う世界へ行くことができるでしょう。

 

自分の脳が、「子供脳」が多いと、それにブロックされてしまいますので、

(子供は成長したくないから)

まずは自分の精神性を高め、「大人脳」を増やすことが必要となります。

  • 自分はどこを考え違いしていたのか?
  • 本当はどうしたかったのか?
  • これからどんな心持で生きていけばいいのか?
  • そもそも、何のために生まれてきたのか?

これらの事が分かってくると、困ったこともだんだんと少なくなってきます。

 

必要な人にこのメッセージが届きますように!

*コメント頂けると嬉しいです。(^^)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました