体験講座です!「お口周りの癖を治すプログラム」

寝る前に1~2分○○することで、困った癖に効果があります!

詳細はこちら!

冬の歯ぎしり、くいしばり。

フラクタル心理学

フラクタル心理カウンセラーのサヤカです。

寒さが厳しくなってきました。

そんな時、歯医者さんでは歯や顎が痛い人が増えるんですよー。

というのも、

寒いことで体に力が入って、気づかぬうちにくいしばりをしていることがあるからです。😓

  • 口が開きにくい
  • 口を開けると顎が痛い
  • 顎がダルイ
  • かくかく音がする
  • 歯が痛いけど虫歯じゃないと言われた
  • 歯がシミル~
  • 首肩コリ
  • 顎が外れやすい

こんな症状は食いしばりや歯ぎしりが原因かもしれません。

私も以前、食いしばりがひどく、これらの症状に悩まされました。😓

こんな症状のある方は、歯医者さんに一度見てもらってくださいね。

歯の痛みは虫歯や歯周病かもしれないもんね 🤔

 

お家でできる対策としては、

  • お風呂に入った時に顎周りを優しくマッサージしてみる
  • 日中、顎に力が入っている時、食いしばっている時に気がついて、止める
  • 硬いものやよく噛む食べ物は避けて、顎や歯を休める

また、歯がシミル方は、

  • みかんやリンゴ、酢の物を控える(意外と冬に多い知覚過敏の原因はこれ!食いしばりと酸っぱいもののダブルパンチ!)😯
  • 歯磨きをするときは、知覚過敏用の歯磨き粉を使うか、何もつけないで歯磨き
  • 冷たすぎたり暑すぎる食べ物を避け、歯の神経を休める
  • 硬いものやよく噛む食べ物は避けて、歯を休める

 

歯ぎしり、食いしばりはストレスの発散にいいのですが、

一方で、歯の寿命を縮めます。

歯が折れたり、欠けたり・・・ 嫌ですよね~

 

つまり、ストレスをどうにかすればいいんですよね。 😀

 

フラクタル心理学のカウンセリングでは、そのストレスの元を見つけ、

悪いストレスをいいストレスに変えていくことができます。

ストレスって悪いばかりじゃないんですよね。

 

歯ぎしりやくいしばりを止めて

その元を見つけて、ストレスからプラスの効果をを引き出しませんか?

 

個人カウンセリング30分無料もありますので、

歯ぎしり、食いしばりでお困りの方ははお気軽にお申し込みくださいね。😊

お申込みフォーム
読み込んでいます…

コメント

タイトルとURLをコピーしました