「念力爺さん」に感謝!

Uncategorized

3回目の手術の前の話に戻りますが・・・。

 

本手術(2回目の手術)の後のお通じは3カ月程度で、かなり改善してきました。

そして、4カ月後の検診では、

「お腹がずいぶんよくなりました!」という報告をしたのだが、

残念なことに再発していたため、3カ月後にまた手術となってしまいました。、

人工肛門にはなりませんでしたが、直腸が2センチだけ残った状態となりました。

そしてまた、辛い頻便感覚と排便障害が襲ってきました。

私の場合は、とてつもない寒気が襲ってきて、下半身が氷のようになってしまいます。

足の動きが悪くなり、うまく歩けなくなります。

肛門は痺れるような痛みが続き、そのうちに痔の痛みも加わります。

(直腸のあたりだけの手術だったので、内臓への侵襲は少なく、本手術よりも楽な経過でした。

私の場合は、そのあとの後遺症が辛かったのです)

 

その症状は何カ月たっても治りませんでした。

(その後コレバインを飲むようになったら、楽になりましたが)

 

そんな時にお世話になったのが「念力爺さん」です。

痛い つらい方 念力爺の不思議な【超念力】パワーをどうぞ – YouTube

広告もなく、いきなり手のアップから始まります。

画面から、念力が出ているようです。

興味のある方はぜひご覧ください。

 

私は念力爺さんの心にとても感動したのです。

見ず知らずの人のために、自分の能力を惜しみなく与えてくれる、その気持ち。

 

コメント欄にも、感謝のメッセージがたくさんあり、それを読んでも感動しました。

 

とても尊くて清い気持ち。

それが動画から溢れているような気がしました。

 

「気持ち」というものは目に見えません。

  見えないけれど感じることができます。

痛みも目に見えません。

  でも感じることができます。

雰囲気も目に見えません。

  でも感じることができます。

 

目に見えないことを考え出すきっかけとなったのが「念力爺さん」です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました