親が受講する!「歯並びを悪くするお口の癖」を治すプログラム

お子様の口呼吸、お口ぽかん、指しゃぶり。
なかなか治せない癖に困っていませんか?
深層意識にアプローチして癖を治す新しい方法です!
無料モニター様募集中!

詳細はこちら!

歯並びを悪くするお口の癖、口呼吸と全身の問題

フラクタル心理学

フラクタル心理カウンセラーのサヤカです。

前回は、お口の癖と歯並びの関係についてお話ししました。

今回は「お口の癖と健康」についてです。

歯並びを悪くする代表的な癖に「口呼吸」があります。

本来、人は鼻で呼吸しており、口呼吸は補助的な呼吸です。

激しい運動をすることで体に不足した酸素を急激に取り入れたいときに「口呼吸」をすることがあります

補助的な呼吸で口呼吸を使うことは良いのですが、

習慣的に口呼吸をしていると、引き起こされるさまざまな事があります。

口で呼吸をする⇒口を開けている⇒舌の位置が下がる(そうでないと空気の通り道が確保できない)

その結果歯並びはこうなります

  • 上顎に舌による適切な力がかからないので、上顎が狭くなる⇒歯列不正
  • 舌がいつも下顎にあり、下の前歯を押す⇒受け口  などなど

全身の健康に対しては以下の記事をお借りします。

口呼吸が引き起こす体の不調

 最近は、口呼吸の弊害に注目し、「口呼吸が病気の原因となっている」という見地に立って、治療と並行し鼻呼吸を指導する医師が増えています。
様々な体の不調は、口呼吸が原因であることも想定されるため(表1)、日ごろから鼻呼吸に切り替えるよう努めることが大切です。

口呼吸が引き起こす体の不調

からだ健康サイエンスより引用

上記の記事は「口呼吸」に限定していますが、

口呼吸は歯周病のリスクも上がります。

歯周病の全身への影響を考えると、様々な疾患のリスクがさらに上がるでしょう。

全身の健康に歯科ができることより引用

口呼吸は歯周病にも関連性が強く、

歯周病は次のようなものに影響しています。

  • 脳梗塞
  • 誤嚥性肺炎
  • 心筋梗塞
  • 心内膜炎
  • 動脈硬化
  • 糖尿病
  • 低出生体重児

 

どんな癖(行動)もそれ以前に、小さな意識(思考)があります。

癖がいろいろな体の状態を作り出します。

健康も不健康も、健康美の歯並びも、歯列不正も、

実はあなたの思考が現実化したものです。

癖の前にある小さな思考を何とかすることで、全身の健康につながればいいなと思っています。

ということでこのプログラムを作りました。

親が受講する!深層意識から「歯並びを悪くするお口の癖」を治すプログラム
お子様のお口の癖で困っていませんか? 最近では歯並びの悪い子供は75%にも上っています。 悪い歯並びの原因の主なものは、「お口周りの癖」です。 口呼吸 お口ぽかん 正しい飲み込みできない 姿勢不良、頬...

コメント

タイトルとURLをコピーしました