病気の人って、アピールすることで、人に優しくして欲しいんだよね~

病気

以前、一色先生のセッションを受けました。

1カ月ほどたち、アンケートが来ました。

セッションの感想や変化したことを記入するのですが、

アンケートを記入することで頭の中が整理されます。すごいシステムです。

 

「病気の思考」をなくすために、セッションを受けたのですが・・・、

  • そもそも、私は与えられた仕事を嫌々やっていた
  • 両親が共働きで、あまり甘えられなかったことを恨んでいた
  • だから、働くことは家庭を大事にしないことだと思っていた
  • なので、大人になって仕事をするようになった時、自分が仕事をすると、家庭を犠牲にするという信じ込みがあった
  • その後、両親は病気になった。働きすぎると病気になると勘違いしていた
  • 私は「自分の体を自分でコントロールできる」ことを知らなくて、いつも、チャイルドが体をコントロールしていた

実際は

  • 両親は私や家庭をとても大切にしてくれていた
  • 私が両親の愛に気づいていないだけだった
  • 仕事をすることは、素晴らしいこと。私の家族は働き者の誇らしい家族だった。
  • 私も、課せられた仕事を積極的にやると良い
  • 働きすぎで病気になるのは間違い。働き者でも病気をしない人もいる
  • 両親は今では病気を克服して、毎日を楽しんで生活している
  • 私も病気がよくなったのだから、これからなんでもチャレンジできる
  • 「自分の体は自分でコントロールできる!」と宣言する

という事が分かり、一皮むけた感じがしました。

でも、アンケートを書いていると、モヤモヤとしたものが沸き上がってきたのです。

本当はいろいろとできるのに、自分でできないと思い込んでいるのではないか?

 

先日の「カウンセラー養成講座」にzoomで参加したのですが、

「会場受講の方がいいですよー」と言われました。

でも、お腹の具合が・・、体力が・・、食事が摂れないし、・・・

いろいろな言い訳が出てきて、モヤモヤしたのです。

結局「結果は目的」なので、「私は会場に行きたくなかった」のです。

ということは、ラクしたい、怠慢なわけです。

会場受講の方がお得だと思って「会場に行きたい」

でも、ラクしたかから「行きたくない」がモヤモヤを作っていたのです。

そんな中、ある方のブログに「弱いふりをしない」と書いてあるのを発見しました。

弱いふりをしない /フラクタル | ブログ 自然食のケーキとランチ ふくろう
おはようございます。 受講しているカウンセラー養成講座も 明日から後半戦。 クラスメイトがどんどん変化しているのを見ると とても刺激になります 前回の講座で 前回の講座の時、クラスメイトと 誘導瞑想の分析をしていた時、 弱いふりをするとかわいがってもらえる という自分のパターンが出てきたのね。

それを念頭に、一色先生の修正文をよくよく聞いてみると、ありました。

「病気の人って、周りにアピールすることで、

  人にやさしくしてほしいんだよね~」

  Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン  すっかり見落としていました。

そうか。そうか。

もうアピールしません!恥ずかしいっ!!

今は、まだ修正もしきれていないし、フルパワーで活動するのは無理だけど、

「弱く見せて依存しようというチャイルド」は封印しつつ、

まずは生活のペースを作っていって、食事と排便習慣を整えていこうと思います。

「現実化には時間が必要」なので、「すぐすぐチャイルド」を黙らせて、焦らない。

エネルギーを出して頑張ろう!!!

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました