反抗期の娘からのお土産

フラクタル心理学

今から数年前、

私が病気真っ最中の頃、娘はひどい反抗期でした。

娘が修学旅行から帰ってきてからも、

どこに行ったのかなんて、聞いてもちっとも教えてくれませんでした。

でも、

私のためにお土産を買ってきてくれたのです。

小さい、かわいいぬいぐるみだったのですが、

それをもらったとき、

私の事を少しでも思ってくれていたことがとても嬉しかったです。

 

数年後、すっかり落ち着いた娘に、そのことを聞いてみたところ

「母ちゃんが、好きだと思って選んだよ」

とのこと。

たった一つのお土産ですが、

モノに込められた思いを、しっかりと感じることができました。

 

そう思うと、

親からもらったたくさんのモノに、とてもたくさんの思いが詰まっていたのだな、

と、今更ながら思うのです。

当たり前だと思っていることは認識できない

と、フラクタル心理学では言いますが、

娘のおかげで気づくことができました。

 

ちなみに、そのぬいぐるみはお守り代わりに

入院するときは必ず持って行ったんですよ (^-^)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました