歯並びが悪くなるワケ

お子さんの歯並び気になりませんか?

最近では、子供の4人に3人が歯列不正と言われています。

どうして歯並びが悪くなるか知っていますか?

一昔前は、「遺伝じゃないの」なんて言われていましたが、それは一部の例だけです。

子供の歯並びが悪くなるワケ

  1. 姿勢が悪い(寝相、猫背、頬杖なども)
  2. 口呼吸・お口ポカン
  3. よく噛む習慣がない
  4. 食べ方、飲み込み方が間違っている
  5. 舌の位置が間違っている
  6. その他

子育てって大変ですよね・・。私も経験があります。

歯並びの悪くなる原因を知っていて、気を付けて育てても、歯列不正になってしまうこともありますよね。

実は私も、上記のようなことに十分気を付けて子育てをしてきましたが、5歳ごろにスキマの全くない歯並びの子供を見て、がっかりしました。(乳歯の歯並びはスキマがたくさんある方が正常なのですよ)

舌の力や器用をを向上させるために母乳で育てたし、

食材の切り方も気を付けたし、

寝相だって姿勢だって、とっても気を付けてきたのに・・・。

結局、どうしたかというと

小児矯正しました。

小1ごろから3~4年くらい、取り外しのできる床装置というものを使用しました。夜だけの装着で、完璧とまではいきませんが、十分良い歯並びになり、抜歯矯正にならなくてほっとしました。

歯並びに気になったら、歯医者さんに相談するといいと思いますよ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました