「トーンマナー」という言葉と「型破りな人」

フラクタル心理学

フラクタル心理カウンセラーのサヤカです。

先日、別のお仕事のHPを新しくしようと思い、

今までお世話になっていた専門の業者さんに頼むことにしました。

私の一番のこだわりポイントは「色」です。

私は色が大好き(^◇^)

いろんな色を眺めていると、うっとりしてしまいます。

という事で、自分のいいと思う色をちゃんと伝えられるか?という事がとても緊張することなのです。

その前のHP作成の時も、なかなか雰囲気を伝えられず、

迷惑をかけている気持ちと、でも、やっぱり自分の気に入った色をちゃんと伝えたい

と、じりじりしておりました。

 

今回はどうだったか?というと・・・、

 

満足できる色に決まりました (*^^)v

 

というのも、

作ってくださるチームの方とzoomで相談できたからです。

画面を共有して、こちらの希望する色もちゃんと伝えられ、

私の意見のおかしいところは、やんわりと修正していただけました。

皆さんが意見を出してくださって、私も満足できました。

 

今回のチームの皆さんは女性でした。

やはり、女性ならではの共感力、相手の要求をくみ取る力、安心感、

そんなものが満足の要因だったと思います。

私はウェブデザインの事はよく分からないので、突拍子もない色を指定した時、

「トーンマナーを守ったほうがいいですよ」と言われました。

ナンデスカソレ???

 

初めて聞く言葉でしたが、「デザインに一貫性を持たせること」

今回の件で言えば、「色の統一感を出すこと」だと思います。

デザインのルールを知らない私でしたが、「トーンマナー」というルールを知ったことで、

ルール破りの色を選ばずに済みました。

やはり「型にはまる」ことは、ある意味、安心するし、価値を生み出すものになるのだと思いました。

 

子育てにも同じようなことが言えます。

子育てがうまくいかない原因に、親自身が型にはまることを否定していることがあります。

自分が型にはまっていないから、子供を型にはめるようにしつけできない。

だって、子供をしつけたら、自分も型にはまるようにしなくてはいけないから・・・。

 

「型にはまりたくないんです!」

「型にはまるって正しいことですか?」

と言われることもありますが、

とりあえず型にはまりましょう。

そしてそのあと、一度はまった人が型を破ればいいのです。

それを「型破りな人」と言って、価値が付加されるのです。

だから、いったん型にはまること。

そうすることで、将来社会で調和のとれた仕事ができるでしょう。

一見「型破り」な人も、実はどこかで必ず型にはまっているはず。

ピカソだって、ゲルニカみたいな絵も描いていますが、

若いころは型にはまった絵をかいていたのですよ。

 

さあ!今日も頑張ろう!!

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました