肛門痛。

希少ガン 腹膜偽粘液腫

コレバインを飲み始めて、約4カ月。

ほぼ、下痢に関しては改善しました。

「ほぼ」なので、たまに下痢をします。

おそらく、「胆汁性の下痢」です。

なぜならば、よく眠った後の食後に下痢をするからです。

胆汁は寝ている間に作られやすいそうなので

昼寝をがっつりしてしまって、ごはんを食べると、しばらくしてドッと出てしまいます。

でも、コレバインを追加して飲めばいいので、心配はしていません。

 

現在の一番の悩みは、肛門の痛みです。

「肛門の痛み」というと、「痔?」と言われそうですが、そうではないのです。

痛みを表現すると、

尾てい骨の中の方の、ジンジンする痛み、痺れたような痛み、冷たい痛み、鈍い痛み、・・・・です。

そして、その痛みが出ると、なぜか両足に力が入らなくなり、ちょぽちょぽと、足を引きずるようにしか歩けなくなります。

体もだるく、とても寒く、悪寒戦慄です。

カイロや電気敷布などを使用し、布団をがっつりかけて、ブルブル震え、嵐が過ぎるのを待ちます。

その間にも、便意は周期的に襲ってくるので、足を引きずりながら、トイレへ何度も走ります。しかし、そこにあるのに出ない。出ても、扁平か細い便がやっと出るだけ。

そのうち、疲れて眠ってしまい、約2時間ぐらい眠ると、体が温まって、楽になっています。

術後は、毎日、一日になんども、この発作が起こり、大変でした。

現在は、週に1回程度に減りましたが、一度発作が起きると、数日はだるくて寝てばかりの生活になってしまいます。

私は、ずっと、「下痢と肛門の痛みはセット」だと思っていましたが、下痢じゃなくても症状が出るので、別物だと思うようになりました。

早速、調べてみたら、以下の記事を見つけました。

 

直腸肛門痛-直腸肛門痛の治療は川越駅前胃腸・肛門クリニック(埼玉県)

「肛門を支配する神経(陰部神経)の知覚異常や、肛門周囲の筋肉(肛門挙筋)の異常な緊張が原因となり、痛みが起こると考えられています。」

 

肛門の異常な緊張!そうそう、そんな感じ!

 

過敏性腸症候群を伴うことが多いので、便通異常を伴う場合は、同時に治療が必要です。」

「過敏性腸症候群」かもしれないと思っていたので、上記の事は納得です。

 

そしてさらに検索すると、熊本の高野病院のHPを見つけました。

神経因性骨盤臓器症候群(NIS)とは|高野病院
高野病院では、大腸肛門疾患の専門病院として、皆様に常に最良の医療を提供することを目指し、病気の診断・治療はもとより、疾患の予防・アフターケアにも力を注いでおります。

これによると、仙骨神経、骨盤内蔵神経の問題らしいのです。

そういえば、肛門の痛み発作が出ると、尿も出なくなってしまうのです。

 

なんだかホッとしました。

あちこちの病院に行く度に、お医者様に相談したのですが、

  • 手術したから仕方がない
  • 時間がたてば治る
  • なんでかわからない
  • そんな症状、聞いたことがない

等と言われてきました。

結局自分で調べて、ここまでたどり着いたのですが、

これなら、ネット診断で十分じゃね?

でも、ここまで到達したので、もう少しという感じです。

治療はなかなか大変そうです。だから、出来ること、気を付けることをやっていくようにしたいと思います。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました