タオルの思い出。親の気持ちと子どもの気持ち。

フラクタル心理学

フラクタル心理カウンセラーのサヤカです。

最近、タオルを新調しました。

新しいタオルはフカフカして気持ちがいいのですが、

新調してしばらくは、体にその繊維のゴミが付いたりして、手のひらで乳液を塗る時に気になったりします。

そこで、思い出したことがありました。

 

・・・実家に久しぶりに帰省した時の事、

いつもお風呂の後、必ず体をふいた後にタオルの繊維ごみが付いていて

「嫌だなあ、なんでこんなにゴミが付くんだろう

ちゃんと洗濯していないんじゃないか(-“-)」

と否定的に思っていたのです。。

 

でも、自分が新しいタオルを下した時に「新しいタオルは体に繊維のゴミがつく」ことに気が付き、

そこから、

親は久しぶりに帰ってくる私を思って、

わざわざ新しいタオルを準備してくれていたんだ!

Σ( ̄ロ ̄lll) (T_T)

と、気が付きました。

私が帰ってくるのを楽しみにしていたんだ!

帰ってきたら、いい気分でいて欲しかったんだ!!

私のこと、おもてなししてくれていたんだ!!!

私のこと、大事に思っていてくれたんだ!!!!

そう思うと、

気が付かないでごめんなさい(T_T)

お父さん、お母さんありがとうございますm(__)m

という思いがこみ上げてきました。

 

体験としては新しいタオルを下しただけですが、

どんな体験の中に、気づきのヒントが隠されているか分かりません。

ヒントをうまく見つけるポイントは、

「自分の考え方は間違っていたかもしれない」と常に思っていることです。

「親に愛されなかった」と強く信じていると、ヒントには気が付かないかもしれません。

親に愛はあったのです。

当然の事ですが、これを否定したい人は

どうして否定したいのかよくよく考えてみるといいでしょう。

 

そこら辺を探ってみたい方は、個人カウンセリングをお勧めします(^^)

お申し込みはお問い合わせからお願いします。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました