私に寄りそってくれた「腹膜偽粘液腫患者支援の会」のEさん。

Uncategorized

病気が発覚して、生きる気力のなくなった私に声をかけてくださった方がいました。

当時、腹膜偽粘液腫患者支援の会の役員をやられていたEさんです。

腹膜偽粘液腫患者支援の会

米村先生の池田病院の診察に、ちょうど自分も行くからお話ししませんか?

と声をかけていただきました。

当時は、私は絶望中。

ただ病気から逃げ出したいという後ろ向きの気持ちがいっぱいで、

Eさんにも、後ろ向きの暗い話ばかりしてしまったと思います。

そんな私に、Eさんは「立ち向かう気持ちが大切だから」と一生懸命元気づけてくれました。

 

のちに、別の方から、Eさん私の事をとても心配してくれていたと、聞きました。

 

あの時は、お世話になりました。

お元気でしょうか?

あれから、いろいろありましたが、すっかり元気になりました。

消極的だった生き方が、積極的に変わりました。

本当にありがとうございました。

こうした人とのつながりが、人を元気にさせていくのですね。

私は本当に恵まれています。

いつも、誰かが寄り添ってくれます。

私も誰かのちょっとした支えになれたら、と思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました