「竜とそばかすの姫」の心理分析

フラクタル心理学

フラクタル心理カウンセラーのサヤカです。

昨夜は金曜ロードショー「竜とそばかすの姫」を観てしまいました。

というのも、普段はもう寝ている時間だったので、ずい分夜更かししてしまいました。

おかげで今日の朝は、久しぶりに起きるのが辛く、二度寝したいと思ってしまいました。

 

映画はとても美しく、心を揺さぶるものがありました。

中でも、主人公が顔を曝して歌うところ・・。

初め、聴衆は否定的な様子でしたが、主人公が歌い続けることでだんだん心が動かされてきます。

そして、最終的には、みんなの心の灯が集まって・・・。

という感動的なシーンでした。

 

そのシーンをフラクタル心理学的に振り返ってみました。

 

主人公は表層意識。

そして、聴衆は深層意識です。

初めは、表層意識のやることに反対の立場を取っていた深層意識が、

表層意識が決意して、前に進むこと(歌い続けること)で、

まず、日和見的な深層意識が表層意識に引っ張られ

その後、反対していた深層意識も表層意識に従った

と読み取れます。

 

日和見的な深層意識とは、

「どちらでもいい」という気持ちを持った深層意識です。

だから、「○○するぞ!」と何回も言い聞かせれば、従うようになります。

 

今回の映画では、「歌い続けること」でしたが、

日常では、例えば、

会社で毎朝、社訓を唱える

ということも同様でしょう。

これは毎日決意し続けるという行為です。

人は「毎日唱える。毎日決意する」ことが

自分が自分の思い通りにする方法だと薄々分かっているので、

こういったことが社会で広く実行されているのでしょう。

 

皆さんも、何かを成し遂げたい!続けたい!と思うならば、

毎日決意し、宣言し、

ブレーキとなっている自分の深層意識を従わせるといいですよ!

 

久しぶりに映画を観ましたが、分析もできると二度楽しめます(^^)

 

さあ、今日も頑張ろう!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました