おみくじに書いてあったこと

フラクタル心理学

さあ、三井寺へ!

大津の駅で降り、観光案内で聞いたところ、

途中に「琵琶湖疎水」なる桜の名所があり、そこを散策しながら三井寺へ行くのがいいと思いますが、

私は体力に自信がなかったので、結局タクシーにて「三井寺」へ向かいました。

やっぱり、タクシーで正解でした。

三井寺はとても広く、階段を上ることが多いので、貴重な体力を温存できました。

 

桜満開の時期にたまたま当たったおかげで、桜満開!

素晴らしい景色と、桜のエネルギーを満喫してきました。

帰りもタクシーでしたが、わざわざ疎水を通ってくれて、後悔はなしです。

 

三井寺頂上の観音さまのところで、おみくじを引きました。

私はなるべく、おみくじを引くようにしています。

その時の自分に必要なメッセージが、必ずおみくじの中に書かれているからです。

 

親子関係に問題があった時は、

「たらちねの 親につかへて まめなるが  ひとのまことの始めなりけり」

でした。(明治神宮で引いたものです)意味は、

「親と子の敬愛の情は、生まれながらの自然のものです。

これが人の誠の始まりで、広く社会生活を営む基本となります」

当時は「嫌な事かいてあるなー」と思いましたが、「やはり自分に足りないのだな」とも感じました。

今、学んでいるフラクタル心理学でも、

親に対する見方がそのまま、社会や会社、上司になると学びました。

 

今回は、

「万事よし 大吉 すべて良い方向に向かっている。

  目もふらず一心に 自分の仕事大事と はげみなさい」

とありました。

願い事・・・望みのまま 人の言葉に逆らうな 

 つまり・・願い事は叶うけど、傲慢をなくして、素直に受け入れよ

ということかと思います。

そうなんです。

フラクタル心理学を学ぶにあたり、傲慢をなくさないと、

いくらアドバイスをいただいても、自分に入ってこないのです。

自分の深層意識が、「傲慢をやめよ!」とメッセージを送ってくれました。

フワフワしている深層意識が、メッセージとして表層意識に出てくるのが、おみくじ。

面白いですね。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました