タロット占いに行ってみた話

Uncategorized

4回目の手術が決まって、

もうこうなったら、今までと全く違うことをしてみるしかない、と思いました。

それまでの私は、占いは見ることもないし、信じないと決めていました。

弱い人間が暇つぶしにやるものだと思っていたし、

占いで悩み事が解決するはずなんてないと思っていたし、

悪い結果が出ていた時にそれに固執してしまうのも嫌だったから。

 

でも、西洋医学も東洋医学も私にはあまり効果もなく

食事を見直すといっても、もともと食欲もなく、何を食べても下痢してしまうし、

食べられるものだけを食べるのに精いっぱいだったから、

努力を必要としない占いは、新たな道として採用。

 

タロット占いにした理由は、

出たとこ勝負なところが、なんだか人生をかけるみたいでワクワクしたから。

近くで、HPから合いそうなところを選んで予約を取って行ってみました。

 

まずは今度の手術は大変なものになるのかどうかを聞いてみました。

結果は、そうでもないとのこと。

それよりも・・・

「あなたは占いなんかじゃ良くならないからここに行きなさい」

と言って占い師は本を私に見せてくれました。

心理カウンセリングの先生が書いた本で、

私のメンタルに問題があるから、きちんとカウンセリングを受けるように言われました

手術は大したことないと言われたことだけで、すっかり元気になった私は、ウキウキしながら帰宅。

そして、すぐにアマゾンで本を注文し、カウンセリングの予約を入れました。

怖れを手ばなすと、あらゆる悩みから自由になる | 大鶴 和江 |本 | 通販 | Amazon

 

こうして

占いデビューはとてもうれしいものとなりました。

帰り際に

「死神のカードが出なくて良かったね」と言われドキッ。

占い師さんも、命が罹ったような占いはやりにくかっただろうに・・・ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました