闇のような絶望であっても・・・

Uncategorized

「事実を伏せた明るさは、事実を伏せた希望は、すべて偽りである。

偽りからは何も生まれない。

闇のような絶望であっても、それが事実である限り、いつか光は差してくる。

真の希望への第一歩になる。」

 

これは精神科医の林公一(はやし・きみかず)先生の著書、「家の中にストーカーがいます」の一文です。

入院中に落ち込んでいた時に出会いました。

その頃の私は、自分の病気に向き合えず「告知されたくなかった」と後ろ向きに考えていました。

 

でも、「事実を伏せた希望はすべて偽りである」ので

私が病気と向き合わず、逃げていたら、その先にいくら希望を持ったとしても、それば偽りなのです。

そして、何も生まれません。

いつか光が差してくることもないのです。

 

今読むと、それまでの私の生き方が否定されてるような気がします。

私は、自分のなりたい自分を目指していませんでした。

事実、つまり、私の芯の部分を知ろうともせずに、毎日を過ごしてきました。

自分自身を偽って生きていても、何も生まれないのです。

どんな自分であっても、認めてあげれば、必ず光はさしてくるのではないでしょうか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました